エンタメ・芸能

探偵はBARにいる4公開日はいつ?続編はあるの?

探偵はBARにいる4公開日はいつ? 続編はあるの?

2011年の第一作品公開から早6年。

探偵はBARにいるシリーズの興行収入は累計29億円超えという大人気作品です。

第三作品の公開から4年以上の歳月が経っているのですが、探偵はBARにいる4の公開日はいつになるのか?

そもそも続編はあるのか?

など、ファンの気になる情報を調べてみました


探偵はBARにいる4の公開日はいつになりそう?

探偵はBARにいる4の公開日がいつになるのか、正式発表はまだありません

過去作品の公開間隔から続編の公開日がいつになる予想していきたいと思います。

第一作品目「探偵はBARにいる」
公開日:2011年9月10日

第二作品目「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」
公開日:2013年5月11日(前作品公開日から約1年8ヶ月)

第三作品目「探偵はBARにいる3」
公開日:2017年12月1日(前作品公開日から約4年7ヶ月)

歴代作品の公開間隔はこのような感じになっています。

1⇒2の間隔は1年8ヶ月と、そこまで長くはありませんね。

しかし、2⇒3の公開間隔が4年7ヶ月ととても長いので、4作品目の公開も同じくらいかそれ以上をみておいた方がいいかもしれません。

探偵はBARにいる4の公開日が前作品である3から4年7ヶ月とすると今夏(2021年夏)の公開となりますが、今夏公開であればとっくに告知が出ているでしょうから、この説は消えます。

そうすると、1⇒2と2⇒3の公開間隔が一気に3年近く長くなっているので今回も+3年して、3の公開日から7年7ヶ月後と考えると「2024年7月頃」ということになります。

主役の「大泉洋」さんは年数が経っても容姿にそこまで変化がみられない方ですから、このくらい間隔が空いてしまっても違和感なく演じられるでしょう。

というわけで、「探偵はBARにいる4」の公開日はいつになるのかの予想は「2024年7月頃」という結論にいきつきました。


探偵はBARにいる4の続編制作発表がされない理由

探偵はBARにいる4の制作に関しては、演者の「大泉洋」や「松田龍平」、東映の会長までもが意欲をみせていました。

ですので、制作サイドや演者が終了を望んでいるわけではなさそうです。

ということは他の理由がなにかしらあるのでしょう。

主役のお二人は大人気俳優ですのでスケジュールの問題も考えられますし、全国的にドラマや映画の撮影が難航しているのも要因の一つかもしれません。

探偵はBARにいる4の続編制作について、ネットではどのような意見があるのか調べてみました。

セリフに胸を打たれ、続編を待ち望む声。

3作品でのストーリーで続編がないのでは、という意見も。

過去作品を見返しながら待つ方もいます。

ネット上でも続編を待ち望む声が多く見受けられました

これだけのファンの期待に応えるためにも、続編制作頑張って欲しいですね。

探偵はBARにいるシリーズの概要

探偵はBARにいるシリーズは推理小説を原作としたミステリー作品です。

2011年に初めて映画化され、一気に大人気作品となり、第一作の公開から6年間で第三作まで制作されています。

作品名:探偵はBARにいる
原作:推理小説「探偵はバーにいる」
原作者:東直美(あづまなおみ)
発行:1992年
脚本:吉沢良太(よしざわりょうた)、須藤泰司(すとうやすし)
監督:橋本一(はしもとはじめ)
公開日:第一作2011年9月10日、第二作2013年5月11日、第三作2017年12月1日
メインキャスト:大泉洋、松田龍平

「あらすじ紹介」

北海道札幌市の歓楽街ススキノの「ケラーオオハタ」というBARに、探偵が入り浸っていました。
ある日、BARの電話に探偵への依頼がかかってきたことからストーリーが進み始めます。
調査に乗り出した探偵には「その筋の人たち」の介入や頭脳明晰な悪徳弁護士などの強敵が現れるのです。
ちょっぴり抜けている助手の「高田」と共に死線を潜り抜けながら、真相へと迫っていきます。


探偵はBARにいる4の公開に期待!

探偵はBARにいる4の公開日について調査してきましたがいかがでしたか?

演者も制作側も続編制作に意欲的ですので、時間はかかっても制作は進むかと思われます。

しかし、過去作品の公開間隔を考えると、探偵はBARにいる4の公開にはもうしばらく時間がかかりそうです。

時間がかかった分面白い作品となって公開されるのだと、期待をしつつもう少しだけ待ちましょう!