漫画

【122話】ブルーロック最新話ネタバレとあらすじ、感想

ブルーロック 最新話ネタバレ

2021年3月10日(水)発売の週刊少年マガジン15号に掲載の「ブルーロック」を読みましたので、最新話のあらすじネタバレと感想をまとめておきます。

第122話:「ヘッドライナー」

ラスト5分、見事U-20日本代表の猛攻をしのぎ1−2のリードで前半を終えた「青い監獄11傑(ブルーロックイレブン)」

122話ではハーフタイム中のU-20日本代表のベンチの様子が主に描かれています。

潔世一(いわぎよいち)や蜂楽廻(ばちらめぐる)の家族が登場するなど、ほんわか和む保護者会の一面も。

それではネタバレをみていきましょう。

 
ブルーロックを無料で読む方法

やっぱりマンガは絵と一緒に楽しみたい!

そんな時におすすめなのが、U-NEXTの31日間無料お試し可能な無料トライアルです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ブルーロック』第122話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年15号を無料で読むことができます

U-NEXT公式ページ


ブルーロック122話のあらすじネタバレ

興奮する夏木春太郎とこのゲームの規定解説

冴のシュートが蟻生にブロックされ前半終了。

1−2とまさかの前半リードを許してしまったU-20日本代表。

サッカー解説者の夏木春太郎(モデルは松木安太郎さん)はブルーロックを褒め称える。

「すごいね”青い監獄”今までの日本サッカーのイメージはなかったタイプのチームだよ」

とはいえ、それでもU-20日本代表との実力差は5分5分であり、糸師冴がこのまま負けるとは思えないと解説。

このゲームは90分で決着がつかない場合の延長戦やPK戦での決着はなし。引き分け(ドロー)となる規定。

潔世一の両親、蜂楽廻の母が登場して保護者会状態

「やばいねぇ、お父さん!」

「サッカー全然わからんけど、俺はすでに嬉しい!」

この試合を夫婦で観戦するのは主人公 潔世一の父「潔一生(いさぎいっせい)」と母「潔伊世(いさぎいよ)」

そんな2人の後ろの席から「ゴール狙え!それでもストライカーか!」と大声で激励する声が。

蜂楽廻の母「蜂楽優(ばちらゆう)」である。

打ち解ける潔と蜂楽の両親。

「うちの子とサッカーしてくれてありがとう!」とお礼を言う蜂楽の母

蜂楽があんなに楽しそうにサッカーするのはみたことがないと言う。

さらに会場には千切豹馬(ちぎりひょうま)の母と姉も駆けつけていた。

その影で、まさかの逆転に意気消沈するオリヴァ・愛空(あいく)はじめとするU-20日本代表のDF陣。

法一に詰め寄る日本フットボール連合会長の不乱蔦

その頃、スタジアムの裏通路では日本フットボール連合会長の不乱蔦広俊(ぶらつたひろとし)がU-20日本代表監督の法一保守(ほういちやすもり)の肩を掴んで壁に叩きつけていた。

「どーなってんだ監督!なんとしても勝てと言ったろ?」

鬼の形相で法一を問い詰める不乱蔦に対して、「曲者揃いでして・・・」と弁明する法一。

そんな法一に「勝てば正義 負ければ悪」と言い放ち

どんな手を使ってもいいからブルーロックを潰せ!と脅す。

U-20日本代表ロッカールーム

U-20日本代表のロッカールームはお葬式のようなムード。

「俺が決めていれば・・・」と前半の不甲斐なさを悔やむFW閃堂秋人(せんどうしゅうと)

シャワーから戻った糸師冴に後半の戦略の相談をするU-20に対して、冴は

「好きにしろよ。もう関係ねーし。俺は帰る」

驚き怒るU-20に対して冴は愛空との賭けのことをバラしてしまう。

もともとブルーロックに興味があって試合に来ただけであり、ブルーロックがU-20とはみてる世界や目指す場所が違うことがわかった。

それだけで十分、この試合にいる意味はない。とロッカールームを去ろうとする。

「待ってくれよ。天才ちゃん」

そんな冴を呼び止め、U-20メンバーに語りかける愛空

「試したかったんだ・・・俺たちの実力を。知りたかったんだ・・・自分の現在地を・・・」

「俺たちは弱い。」

このままじゃブルーロックに負けてU-20としての立場を乗っ取られて消えるのは自分たちの方だ。

自分たちの無力さ、未熟さを認めた愛空を「今更気づいても遅ぇよ。俺が抜けるU-20にもう勝ち目はない」とぶったぎる冴

「あるだろ、まだ。悪魔が残ってる・・・!」

暴れろ”悪魔”くん

舞台は再びスタジアム裏通路での不乱蔦と法一のやりとりに。

「勝ちゃあなんでもいいんだよ!13番を使え!」

13番・・・士道龍聖(しどうりゅうせい)を使うと言うことは、ブルーロックのコーチ絵心甚八(えごじんぱち)の哲学を認めるようなもの。

それは不乱蔦にとっても最大の屈辱のはずである。

そこまでしてもこの試合の興行を最優先にする不乱蔦・・・

 
「俺と言う生命体は、お前が戦う理由にはなんねぇか?」

ロッカールームでは後半戦から出場するために靴紐を結ぶ士道龍聖が冴にいい放つ。

冴:「利口なキャプテンだな、わかったよヘボども」

ニヤリとする愛空

「暴れろ”悪魔”くん」

「”主役舞台(ヘッドライナー)”は俺とお前だ」

そう言う冴に不敵な笑みの士道龍聖・・・

特急エゴイスト参戦!士道を加えたU-20がブルーロックに牙を剥く!


ブルーロック122話の感想と考察

122話ではU-20日本代表のロッカールームの様子が中心に描かれましたが、前半は保護者会のようなほっこりした描写もあり珍しく和む回だった気がします。

普段はみんなギラギラしすぎですからね笑

後半戦はいよいよ冴の気になっていた存在である士道が登場し、ブルーロックゴールに襲いかかることになりそう。

そもそも全員がFWのブルーロック、今回が初めてのGKの我牙丸吟(ががまるぎん)や急造DF陣で対応できるのか・・・?

その前に、もう1話くらい使って、ブルーロックサイドのロッカールームも描いて欲しいなと思いました。

浮かれるブルーロックに喝を入れる凛、そんな描写になるのかな?

123話が掲載される週刊少年マガジン15号は3月17日発売予定です。

今から楽しみですね。

ブルーロックを無料で読む方法

やっぱりマンガは絵と一緒に楽しみたい!

そんな時におすすめなのが、U-NEXTの31日間無料お試し可能な無料トライアルです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ブルーロック』第122話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年15号を無料で読むことができます

U-NEXT公式ページ