ホワイトデー

2021ホワイトデーは土日、いつ渡す?職場、学校、本命渡し方

ホワイトデーのお返し いつ渡すのが良い!?

2021年ホワイトデーは3月14日の日曜日です。

恋人同士であればホワイトデーが土日に重なるのは嬉しいものですが、義理チョコのお返しや友達、職場の人にはいつ渡せば良いのでしょうか?

今年のホワイトデーは日曜日ですから、渡すのは3月12日の金曜日?それとも3月15日の月曜日?また、どんなタイミングで渡すと喜ばれるのでしょうか?

職場はプライベートな空間ではないので、渡すタイミングを間違えてしまうと周りに迷惑をかけてしまったり、場合によっては上司に怒られてしまったりと言う可能性もあります。

基本的には相手に迷惑にないように配慮して渡せば問題はありません。

このページでは、2021年のホワイトデーのお返しの渡し方や渡すタイミングなどに関してご説明していきます。


社会人がホワイトデーのお返しを渡す日、渡し方

職場でのホワイトデーのお返しを渡す日ですが、土日休みの職場であればその前後の日に渡すのが常識的です。つまり、3月12日(金)もしくは3月15日(月)に渡すようにしましょう。

義理チョコへのお返しや、職場のみんなに配る場合は始業前の朝、もしくはお昼休みの終わり頃に渡すようにすると仕事の邪魔をしなくて済みます。お昼休みの終わり頃であれば、15時頃におやつとして食べられるのでおすすめです。

・渡すのは3月12日か15日

・渡す時は仕事の邪魔にならないように!


職場の女性が本命の場合の渡し方

職場の女性が本命の場合は思い切って3月14日にデートに誘って渡すのもありですね。ただし、誘ってみて断られるようなら速やかに引き下がるようにしてください。

まだ関係性がそれほどでもないなら、金曜か月曜に時間をとってもらって渡すのがおすすめです。例えば打ち合わせのあとで少し残ってもらう、出社前や退社時に少し時間をもらって渡すなど、相手に配慮したタイミングや場所を考えましょう。

2人きりのタイミングで渡されるというだけで、あなたが好意を持っていることは伝わります。また、3月14日ではない日に渡すことで、あなたのチョコが他の人のチョコに埋もれにくくなりやすいという効果も期待できます。

職場の人へのホワイトデーのお返しにおすすめのお菓子

職場の人へのホワイトデーのお返しは個数が多くなるので、大袋入りなどの気軽につまんで食べられるものがおすすめです。

ただし、グミやマシュマロは「あなたのことが嫌いです」という意味が込められているとも言われているので避けたほうが無難です。

キャンディーやチョコレートなどたくさん入った大袋を用意して配るのが金銭的な負担も少なくなりますし、相手も気を使わずに食べられますね。または男性社員で相談して、お金をだしあってもう少しグレードアップするのも職場の一体感も高まっておすすめです。


メッセージカードや一言セリフを伝えるのもおすすめ

職場の人へのホワイトデーのお菓子は「バレンタインデーのお返し」と言う意味もあれば、「普段からお世話になっている職場の女性へのお礼」という意味を持たせることもできます。

「こないだのお返しです〜」と配ることもできれば、「いつもお世話になっていて本当に助かっています。ありがとうございます。」と配ることもできるわけです。

職場での人間関係も円滑になりますし、職場の女性からの好感度も上がりトラブル時に力になってもらえやすくなりますのでおすすめですよ。

職場でホワイトデーを渡す時のおすすめのセリフ

恋人ではないので、基本的には「仕事でお世話になっている感謝」を伝えればOKです。

「先日は〜〜の件で助けていただいてありがとうございました。これ、ホワイトデーのお菓子です。よかったら召し上がってください。」

「いつもいろいろやっていただいて本当に助かってます。大したものではないんですが、もしよければ後でどうぞ」

こんな感じでOKですね。それすらしない男性が圧倒的多数ですから、これだけでも全然好感度が違ってきます。

おすすめのメッセージカード内容

職場の女性の人数が多くないなら、手書きの簡単なメッセージカードを一緒に渡してあげると尚良いです。女性はこういったちょっとした一手間や気遣いが大好きです。

「いつもお世話になっいて、ありがとうございます。ホワイトデーのお返しです。よかったら食べてくださいね!」

こんな感じOK!できればメッセージの最初に「〜〜さんへ」など、その人の名前を描いてあげるとさらに喜ばれますよ。

学校のホワイトデー、学生がお返しを渡す日、渡し方

学校でのホワイトデーも基本的には3月12日の金曜日か15日の日曜日に渡すことになりますね。

本命でない人で人に見られたくない場合は、2人になれるタイミングで渡すようにしましょう。事前にLINEして登下校の時に駅などで待ち合わせたり、昼休みや授業前、放課後などに時間をもらうとスマートです。

2人になれるタイミングで渡す

・登下校時に待ち合わせ

・昼休み、授業前、放課後に時間をもらう

学校で渡すおすすめのお菓子

学校でホワイトデーのお返しを渡す際のおすすめのお菓子は2パターンです。

みんなに配る場合は一口で食べられるようなものが予算も抑えられておすすめです。具体的にはチョコレートやキャンディー。ちょっと値段が上がりますがブラックサンダーなどもおすすめです。

個人的に渡す場合には500円〜1000円程度のそれなりにちゃんとしたものを用意しましょう。ホワイトデーコーナーに置いてあるお菓子の中から相手の好きそうなものを選べばOKです。

本命の彼女の場合には2000円くらいまでの予算を見てみてもいいですね!また、3月14日(日)にデートできるならその時に渡すのがベストです!

詳しくはこちらのページで説明していますので、参考にしてみてください。

ホワイトデーのお返しはいつ買う?早すぎても遅くてもダメな理由

ホワイトデーのお返しを買うタイミングですが、早すぎても遅くてもダメです。

早すぎると賞味期限の近くなったお菓子を渡すことになってしまいます。食べる時に賞味期限を見てから食べる女性は多いです。あなたの渡したお菓子の賞味期限が切れていたら・・・恐ろしいですよね。

また、ホワイトデーの前日や当日に購入するのもおすすめできません。というのもお店が混んでいたり、人気商品が売り切れている可能性があるからです。相手のお目当てのお菓子がある場合は余裕を持って購入しましょう。

購入するのにおすすめはホワイトデーの1週間前です。つまり3月7日前後ですね!

このタイミングであれば売り切れはまずないですし、仮に売り切れてても14日まで時間があるので他のお店で買うこともできます。賞味期限的にも問題ありません。

ホワイトデーのお返しは1週間前の3月7日前後に購入するのがおすすめ

職場・学校のホワイトデーはスマートに渡そう

職場や学校でのホワイトデーのお返しの渡し方についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

職場はあくまで「仕事をする場所」ですし、学校は「勉強する場所」ですから周りへの配慮を忘れず、公私混同にならないように気をつければ社内や学校でお菓子を渡しても問題ありません。

また、職場に気になる女性がいる場合でも迷惑にならないように、相手の都合を考えて渡せると気遣いのできる人と思われ好感を持ってもらえる可能性が高まります。

いろいろと工夫や気遣いも必要になるイベントですが、女性への気配りを忘れずに楽しいホワイトデーをお過ごし下さいね。