ドラマ

朝ドラ「おかえりモネ」キャスト一覧と相関図!モネの相手役は?

朝ドラ「おかえりモネ」 キャスト一覧と相関図! モネの相手役は?

いよいよNHK連続テレビ小説(朝ドラ)第104作目「おかえりモネ」の放送が始まりました。

ヒロイン・永浦百音(ながうら ももね)を演じるのは女優、清原果耶(きよはら かや)

朝ドラ第93作目「あさが来た」で女優としてデビューし朝ドラ100作目「なつぞら」に出演、ドラマ「透明なゆりかご」で主演をつとめるなど今注目の実力派若手女優です。

この記事は、「おかえりモネ」の登場人物のキャストとヒロイン・永浦百音(愛称モネ)との関係、モネの相手役はだれなのか相関図を使ってまとめています。

朝ドラをより一層楽しめるよう、モネと登場人物の関係の予習・復習にぜひご活用ください。


目次

おかえりモネのキャスト一覧と相関図〜気仙沼編〜

〇百音の家族、永浦家のキャスト一覧・相関図〇

・永浦耕治(ながうら こうじ)役:内野聖陽(うちの せいよう)

百音の父。

陽気で屈託のない性格で若い頃は、トランペット奏者。

百音が音楽と出会うきっかけを作った。

2人の娘のことが大好きで、故郷を離れて暮らす百音が心配で仕方がない。

妻、亜哉子には頭があがらない。

・永浦亜哉子(ながうら あやこ)役:鈴木京香(すずき きょうか)

百音の母。

生真面目な性格で仙台出身の元小学校教師。

今は義父のカキ養殖業を手伝いながら、亡き義母が営んでいた民宿を再開できないかと思っている。

登米で自分の将来を模索する百音を信じ、応援する。

・永浦未知(ながうら みち)役:蒔田彩珠(まきた あじゅ)/子供時代:寺田藍月(てらだあづき)

百音の2歳年下の妹。

しっかり者で百音とは正反対の性格だが、昔から仲の良い姉妹。

父と姉に代わり、自分が家業の養殖を継ごうと水産高校に通い、のちに水産試験場に就職する。

不器用で意地っ張りの一面もある。

・永浦龍己(ながうら たつみ)役:藤竜也(ふじ たつや)

百音の祖父。

実直で海をこよなく愛する牡蠣職人の名人。

寡黙で頑固だが心優しい性格

幼いころの百音や未知に、海や森の豊かさを伝えていた人物。

・永浦雅代(ながうら まさよ)役:竹下景子(たけした けいこ)

百音の祖母。

病気で他界し、今は百音たちを見守りつづけている。

愛情深く包容力のある人だったので、百音の同級生たちからは今でも慕われている。

「おかえりモネ」の語りも担当する。

〇百音の同級生とその家族のキャスト一覧・相関図〇

・及川亮(おいかわ りょう)役:永瀬廉(ながせ れん)

百音の同級生。

高校卒業後に、すぐに漁師見習いになる。

運動神経抜群で気配りのできる性格でモテまくる

百音とは、幼少期から不思議とウマが合う気心が知れた仲。

実は、人知れず父親との関係に悩みがある。

・野村明日美(のむら あすみ)役:恒松祐里(つねまつ ゆり)

百音とは保育園からいつも一緒の、一番の幼なじみ

明るくチャキチャキしたよくしゃべる性格で高校卒業後は仙台の大学に進学し、学生生活を楽しんでいる。

物心ついたときから亮を想い続けているが、振り向いてもらえない。

・後藤三生(ごとう みつお)役:前田航基(まえだ こうき)

百音の同級生で島で1000年続くお寺の息子。

人懐こく明るいキャラクターで、百音たち同級生チームのムードメーカー的存在

高校卒業後は仙台の大学に進学したはずが、親に内緒で逃げ出しこっそり島に戻ってくる。

自分は僧侶になれるのか悩みと向き合うことになる。

・早坂悠人(はやさか ゆうと)役:高田彪我(たかだ ひょうが)

百音の同級生でおっとりした性格で真面目でしっかり者

同級生チームの中でも一歩ひいているような立ち位置だが、みんなから頼りにされている。

公務員の家庭に育ち、自分自身も地域に働くことを目指している。

・及川新次(おいかわ しんじ)役:浅野忠信(あさの ただのぶ)

百音の同級生の及川亮の父。

以前は、気仙沼のカリスマ漁師的存在だった。

百音の父・耕治とは親友で、母・亜哉子が産気づいた時には嵐の中船で本土へ運び、赤ん坊の命を守った。

震災で自分の船を失い、立ち直るきっかけをつかめないでいる。


おかえりモネのキャスト一覧と相関図〜登米(とめ)編〜

〇米朝町森林組合関連のキャスト一覧・相関図〇

・新田サヤカ(にった さやか)役:夏木マリ

登米の資産家で、所有する山林を森林組合に託してカフェや診療所を経営している。

百音の祖父・龍己と窮地の仲で、登米にやってきた百音を下宿させ森の豊かさと厳しさを叩きこんでいく

豪快かつ懐の深い性格。

・佐々木翔洋(ささき しょうよう)役:浜野謙太(はまの けんた)

百音の働く森林組合の課長。

百音に林業のイロハはもちろん森林セラピーなどユニークな事業を教える。

伊達藩時代から続き、市民が守っている地元の「能」の伝承者。

・川久保博史(かわくぼ ひろし)役:でんでん

森林組合の古参職員。

木に関する豊富な知識と長年の経験を買われ、定年後も仕事を任されている。

のほほんとした性格だが、誰よりも森の未来を考え、新事業開拓にも積極的に取り組む。

〇よやま診療所に勤める医師のキャスト一覧・相関図〇

・菅波光太朗(すがなみ こうたろう)役:坂口健太郎(さかぐち けんたろう)

新田サヤカが開設したよねま診療所の医師。

東京の大学病院から1週間おきに診療所にやってくるが、さほど地域医療に興味がないのか、常にドライで無愛想

公式HPの人物紹介では、上記だけでしたが”百音ともソリが合わなかったが、距離を縮めていく”というニュース記事がありモネの相手役?と予想が多かった人物です。

https://news.mynavi.jp/article/20200914-1303208/
(マイナビニュース/坂口健太郎「おかえりモネ」インタビュー記事)

・中村信弘(なかむら のぶひろ)役:平山祐介(ひらやま ゆうすけ)

よねま診療所の医師で、菅波の研修医時代の指導医。

菅波と同じく、1週間おきに東京から診療所にやってきて地域医療の発展を目指して精力的に活動している。

明るく豪快な性格。

〇ジャズ喫茶のマスター〇

・田中和久(たなか かずひさ)役:塚本晋也(つかもと しんや)

登米にあるジャズ喫茶のマスターで趣味はカメラ。

愛称「トムさん」

診療所に通い始めたことで百音と出会う。

かつて東京の音楽業界に勤めていて実は、百音にとって非常にゆかりのある人物だが、百音はそのことを知らない。

おかえりモネのキャスト一覧と相関図〜東京編〜

〇気象予報会社で働く人々のキャスト一覧・相関図〇

・朝岡覚(あさおか さとる)役:西島秀俊(にしじま ひでとし)

東京の民間気象予報会社で働くテレビで有名な気象キャスター。

物腰の柔らかい人で、登米を訪れた際百音に「気象予報は未来を予測できる世界なのだ」ということを教える

・神野マリアンナ莉子(じんの まりあんな りこ)役:今田美桜(いまだ みお)

朝岡が気象キャスターを務める朝の番組の中継コーナーを担当する気象予報士。

華やかな風貌で仕事中はずっとニコニコしているが、ゆくゆくは報道キャスターになりたいという野望を秘めている。

・気象予報士/内田衛(うちだ まもる)役:清水尋也(しみず ひろや)

気象予報会社の社員で、百音と一番年齢が近い先輩。

オタクっぽく頼りない印象だが、予報士試験に一発で合格するなど実は秀才な人物

自身が花粉症であることから、その対策アプリの実用化を目指している。

・気象予報士/野坂碧(のさか みどり)役:森田望智(もりた みさと)

交通機関や道路関係者への気象情報提供を担当する気象予報会社の社員。

仕事ができ弁も立つ、頼もしい先輩

百音とは登米の森林フィールドワークで出会う。

・社長/安西和将(あんざい かずまさ)役:井上順(いのうえ じゅん)

掴みどころのない性格の気象予報会社社長。

会社の実績は順調満帆だが、自社のオリジナルキャラクターがさっぱり売れないことに悩んでいる。

〇テレビ局関係者のキャスト一覧・相関図〇

・番組の責任者/高村沙都子(たかむら さとこ)役:高岡早紀(たかおか さき)

テレビ局内の社会部気象班の制作進行を束ねるデスクで番組責任者

報道スタンスに独自のこだわりがあるため、気象情報をときに踏み込んで伝えようとする朝岡と対立することもある。

・記者/沢渡公平(さわたり こうへい)役:玉置玲央(たまおき れお)

気象庁担当のテレビ局社会部の記者。

少々やさぐれた風体でいい加減そうに見えるが、記者としての腕はよく、気象班にはちょくちょく訪れて情報交換をする。

〇シェアハウスの大家さん〇

・井上菜津(いのうえ なつ)役:マイコ

シェアハウスの大家さん。人当たりの柔らかい優しい性格

祖父母が経営していた古い銭湯をリノベーションし、シェアハウスにしたが、実はこの銭湯にはある秘密が隠されていた。

〇車いすマラソンの選手〇

・鮫島祐希(さめじま ゆうき)役:菅原小春(すがわら こはる)

車いすマラソンの選手。

代表を逃した過去があり次のパラリンピックには、絶対に出たいと思っていて、競技日の気象情報や自身のコンディショニングなどのサポートを求めて、気象予報会社を訪れる。


おかえりモネのキャスト一覧 まとめ

朝ドラ「おかえりモネ」は、気仙沼編・登米編・東京編、どこの場面も豪華キャスト陣が集結していて全編通して期待値がかなり高い作品ではないのでしょうか。

モネの相手役は、NHKのキャスト紹介やあらすじ含めた公式発表がなかったので残念ながら現時点ではっきりとはわかりませんでした。

ネットでの声やニュース記事からみてみると、

・百音とは、幼少期から不思議とウマが合う気心が知れた仲である同級生の及川亮(役:永瀬廉)。

・最初は常にドライで無愛想で百音ともソリが合わなかったが、距離を縮めていく医師の菅波光太朗(役:坂口健太郎)。

以上、2人のうちどちらがモネの相手役ではないのか?という予想が多く見受けられました。

物語が進むにつれていずれ明らかになるであろうモネの相手役

今は、「おかえりモネ」放送を一日一日楽しみながら明らかになるのを待ちましょう。