漫画

【132話】ブルーロック最新話ネタバレとあらすじ感想(26号

ブルーロック 最新話ネタバレ

2021年5月26日(水)発売の週刊少年マガジン26号に掲載の「ブルーロック」を読みましたので、最新話のあらすじネタバレと感想をまとめました。

第132話:「独裁の王」

131話では士道のゴールに打ちひしがれるブルーロック、そして絵心・・・

すでに試合に負けることを覚悟の上で、「ブルーロックはすでに勝っている」と負け惜しみをいう絵心

そんな絵心を「勝たせろ、クソメガネ」と一蹴する世一

そして、ついに投入されるジョーカー「馬狼照英」

それでは132話のあらすじ予想をみていきましょう。

131話のあらすじネタバレはこちら

 
ブルーロックを無料で読む方法

やっぱりマンガは絵と一緒に楽しみたい!

そんな時におすすめなのが、U-NEXTの31日間無料お試し可能な無料トライアルです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ブルーロック』第132話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年26号を無料で読むことができます

U-NEXT公式ページ


ブルーロック132話のあらすじネタバレ


ブルーロック132話のあらすじ、ネタバレ

後半15分、ついに馬狼が投入されたブルーロックイレブン(乙夜と交代)

とはいえ、馬狼投入は絵心ですら予想もすかない未曾有のプラン。

交代となる乙夜に「さっき消したら?相手DFにバレるよ」と忠告されるも、

馬狼は「だまれ、これは覇気だ」とあっさり

馬狼のポジションは右ウイングバック、氷織がサイドバックに下がり縦の連携で・・・

「おい下手くそ、お前のプレーつまんねぇぞ?」と潔を遮る馬狼

潔は思わず「うっせぇ・・・」と声が漏れる

馬狼を加えた超攻撃で攻め潰せ!

それがブルーロックイレブンを信じた絵心の合図なんだ・・・!

 
一方ベンチではアンリが絵心に

「この布陣は練習していないが、本当に無計画で大丈夫なんですか?」

馬狼投入は元々考えていた策であり、試合を投げるつもりもないと絵心。

あくまでここまでは絵心の台本通り。

ただ一つ想定外だったのは、ブルーロックイレブンのエゴが彼の予想を上回っていたことである。

「黙って見てろ!今の奴らならフットボールの一番熱い場所を作り出せるかもしれない」

 
「1点決めてから戦死してんのか?クサオ、俺にパス出しとけ!」

と挑発し言い合う馬狼と凪

そんな2人をよそに凛は

「ここからはバランス無視しろ。前線のFWは前のめりで総攻撃でいい!刺し違えても勝つぞ!」

と檄を飛ばす。

ゴールを奪う!それだけがブルーロックを救う道になる!

 
馬狼の武器は突進ドリブルと28メートルレンジのミドルシュート。

ゴール前のあのエリアで馬狼がフリーでボールを持てば得点確率は跳ね上がる!

そのエリアに馬狼を導きつつ、裏を書いてその先の俺のゴールを狙う!

潔は考えていた。

 
一方の馬狼は試合前に絵心から「潔世一を喰うことだけに固執しろ」と指示を受けていた。

絵心が他のチームメンバーに伝えていた作戦は全部無視して、潔を喰うことだけを考えろ!

馬狼は言われなくても初めからそのつもりだったという。

 
馬狼たちブルーロックイレブンに対して待ち構えるは、U-20ボランチの楓波留。

さぁて、どうくるか・・・!

潔と凛が別々に動いたが、凛にはマークがついている。より自由な潔をマークしようとする楓。

氷織からのパスに気づいた潔、しかし少し遅かった。すでに楓がインターセプトに来ていた。

その時、馬狼が潔へのパスを奪っていった。

「馬狼、何やってんだよ」思わず叫ぶ潔

それに対して馬狼は「潔狩りだ!!」

「なんだよその攻撃、意味不明!こんなん読めるか!」混乱する楓

「馬狼のスタイルに合理性は存在しない。故にサッカーを知っている人間ほどハマる」

初見殺しの悪役独演(ヒールムーヴ)

つぶやく絵心

敵味方関係なく全てを混乱に陥れる、私利私欲に忠実な独裁の王

混乱(カオス)を創れ、馬狼照英!

次回133話は「極限集中」!

ブルーロック132話の感想と考察

ついに投入された独裁の王、馬狼。

久しぶりの登場ですが、味方のボールを奪うなど相変わらずのはちゃめちゃっぷりです。

ただ、それは全て自分のゴールのため。

絵心が求めているエゴを最も秘めているのは馬狼かもしれません。

それにしても、前回だいぶ弱気だった絵心の「試合を投げるつもりもない」発言にはびっくりしました。

前回めっちゃしんみりしてたじゃんw

彼らしくないですが、しんみりすることでブルーロックイレブンを試したのかもしれませんね。

馬狼の引き起こすカオスはサッカーエリートの日本代表U-20には理解不能で対応も難しいでしょう。

まずはこの辺で一点入るのではないかと思っていますが、どうでしょうか・・・?

133話を楽しみに待ちたいと思います。


ブルーロックを無料で読む方法

やっぱりマンガは絵と一緒に楽しみたい!

そんな時におすすめなのが、U-NEXTの31日間無料お試し可能な無料トライアルです。

初回の無料登録で、すぐに600円分のポイントを貰えるので、『ブルーロック』第132話が掲載されている、週刊少年マガジン2021年26号を無料で読むことができます

U-NEXT公式ページ