札幌移住

札幌の賃貸物件契約には道内の身内が必要?審査に通った方法

本州から札幌に引っ越す時によく言われるのが「道内に親族がいて保証人になってもらえないと部屋が借りにくい」ということ。初めてこれを知った私は、とても不安に思ったものですが、これは本当なのでしょうか?

結論から言うと、そういう物件もありますが、そうでない物件もたくさんあります。ちゃんと探せば問題なくお部屋を借りられます。

実際私は道内に親戚も友達もいなかったですし、仕事に貸しても審査に不利と言われるフリーランスでしたが、お部屋を契約することができました。

この記事では、道内の保証人なしでお部屋を借りる方法と、私のようなフリーランスでも希望の物件を借りられた方法について説明します。


札幌で家を借りるには道内の保証人が必要?

北海道在住の保証人を求められるケースもある

物件によっては「北海道に住む親族(の保証人)が必要」という物件があります。これは主に物件を所有する大家さんの意向が多いようです。何かあった時に道内に親族がいないと心配、ということでしょう。

ただ、不動産会社で事情を説明すれば、担当者さんは十分理解してくれますし、親戚がいなくても申し込める物件を紹介してくれます。不動産会社の担当者にはなんでも素直に話して味方になってもらうようにしましょう。

不動産会社の担当者を味方につけよう

道内の保証人を2人求められる場合も

これは更なるレアケースなのですが、私が内覧した物件の中には「道内在住の親族で、さらに違う住所に住む保証人を2人つけて欲しい」という物件もありました。それに加えて、管理会社が入居者を面接して入居の可否を決めると言う厳しさ。ただ、その物件はとてもよく管理されており、管理人さんも優しそうで、お家賃も安くてかなりの優良物件でした。


道内の保証人がいなくても部屋を借りるには?

道外の保証人でもOKにしてもらうようお願いする

これは意外と行けそうな感触でした。移住先に親戚がいる人ってそんなに多くないと思うので、事情を話して保証人を本州の親や親戚にさせてもらえないかお願いしてみましょう。物件にもよりますが、なんとかなりそうな感じでしたよ。

相談してみると、意外となんとかなりそうなことが多い

保証人不要の物件を探す

一番シンプルで一般的なのは「保証人不要」の物件を探すことです。不動産会社のサイトや不動産検索アプリでも「保証人不要」という条件検索ができますし、担当者に頼めば保証人のいらない物件を探してくれます。

保証人不要の物件はたくさんありますので、心配する必要はありません。ただし、そういう物件は保証会社の利用を必須としていることがほとんどです。私も最終的には保証人不要&保証会社利用の物件に決めました。

保証会社を使う

保証人を立てられない場合や、転職活動中で無職の場合、私のようなフリーランスで社会的信用が低いとみなされる場合は保証会社を利用するのが一般的です。保証会社に保証料を払うことによって、保証人なしでもお部屋を借りることができます。

ただし、誰でも保証会社を利用できるわけではなく、審査があります。保証人がいなくてもOKということは、万が一家賃を滞納して本人が払えない場合は保証会社が家賃を負担することになります。保証会社もそれは避けたいですから「家賃の支払能力がある人」しか審査を通してくれません。

そして、審査に通るためには会社員であれば収入の証明となる源泉徴収票や会社のホームページなどを確認されますし、フリーランスであれば確定申告書や納税証明書を求められることもあります。また、貯金額を証明することでも審査してもらえるケースがあります。

貯金額を証明する

私の場合は貯金額での審査をしてもらい、無事審査に合格できました。具体的には不動産会社の担当者に銀行の通帳(ネット銀行の場合は画面印刷でもOK)を渡し、保証会社に送ってもらうことで確認してもらいました。

実際にいくら貯金があれば審査が通るか?が気になるところですが、こればかりは保証会社ごとに審査の基準、厳しさが違うのでやってみないとわからないとしか言いようがないです。

強いて言うとすれば一般的に賃貸契約は2年のことが多いので、24ヶ月分の家賃以上があればとりあえずは支払い能力があると思われやすいのではないかと思います。ネットではもっと少なくても通ったという声もありますが、多いに越したことがないのは間違いありません。少なくとも10万円や20万円では厳しいと思います。

フリーランスや無職でも札幌の部屋を借りられる?

最後にフリーランス・自営業者、また無職の人でも札幌で部屋を借りる方法を簡単に説明します。

貯金や保証人があれば借りられる

既に説明したように、貯金がたくさんあれば借りられる物件はいくらでもあります。貯金100万円以下だと選べる物件も少なくなりますので、貯金はあまり減らさないようにしましょう。

URであれば貯金額だけでも借りやすい

UR都市機構の賃貸物件であればもともと保証人は不要ですし、以下の条件で入居できることが多いです。

・1年分以上の家賃を前払いする

・家賃の100倍の貯金がある

ちなみに、札幌をはじめ北海道のUR物件は築年数がかなり古い物件が多いので、築40年超の物件でも気にならないのであれば家賃も高くないですしURも選択肢に入れてみましょう。

コンビニ賃貸(めぐみ企画)

札幌で様々な事情で賃貸の審査が通らない人に向けて、保証人なしでお部屋を貸してくれる不動産会社です。空き部屋の多い築古アパートを大家さんから借り上げて、少し高めのお家賃で貸しているそうです。

全ての物件が家具家電つきですぐに住めるだけでなく、短期間の解約でも違約金がなく、退去時の費用負担も発生しないなど、困っている人に寄り添ったサービスを提供しています。また、生活保護申請への区役所同行もしてくれるそうです。無審査ではありませんが、保証人も無理、貯金もないということならば問い合わせてみる価値はあります。

私も問い合わせしたことがありますが、丁寧なメールでお返事をいただくことができました。基本的には1R、1K、1DKくらいの間取りが多いので、家族よりは1人暮らしの人が使いやすいと思います。


最終的には大家さんや保証会社の判断

お部屋を借りるにあたり色々と条件を求められることがありますが、最終的には大家さんや保証会社の判断になることが多いです。

ただ、貯金額での審査をしてもらうなら、貯金は大いに越したことはないですから、札幌への移住を考えているならばなるべく貯金を用意しておくことを忘れないようにしましょう。